'."\n" ?> 私の初めてのマイホーム

マイホーム ローン



私の初めてのマイホーム



シミュレーションを用いて計画を立てる

日時を生活では、色々な局面で融資が必要になります。 例えば住宅ローンなどは、その1つです。マイホームなどを購入するとなると、まとまったお金が必要なので、銀行から借りている方々も多く見られます。また葬祭などでお金を借りている方々も見られるのです。いわゆるキャッシングなどを用いて、スピーディーにお金を調達している方も、珍しくはありません。

ところでどちらの商品でも、借入可能額や借入予定額などを知りたいと思う場合があります。具体的に今後どれ位借りれる事ができるかが分からなくては、返済計画なども立てづらいからです。 そのため一部の方々は、銀行などによるシミュレーションと呼ばれるシステムを活用しています。

銀行では独自のシステムが完備されていて、それで前述の可能額などが自動的に計算される訳です。ですので返済プランなどを立てたい時には、担当の金融会社などに相談をしてみると良いでしょう。それでだいぶスムーズに返済できている事例も見られるからです。


住宅ローンで審査で落とされる主な2つの理由

住宅ローンを組むとなると、審査を受ける事になります。福岡銀行などでも、その審査は行っているのですね。ところでそのローン商品では、たまに審査に落ちている事例が見られます。せっかく申し込みをしたものの、何らかの理由で落とされている事例もある訳ですが、それには主に2つ見られるのです。

まず1つ目ですが、独立行政法人日本学生支援機構です。いわゆる奨学金の会社になりますが、問題はそこでの滞納が発生しているか否かです。そもそも奨学金というのは、借りるお金ですね。それで人によっては、その奨学金の滞納が発生している事もあるのですね、それで融資がお断りになってしまう事例も見られます。ですので奨学金を借りていた場合は、滞納には気をつけた方が良いでしょう。

また他の会社での借り入れなども、審査に影響を及ぼします。競馬などによってお金を借りすぎてしまった方の場合は、審査で落とされてしまう事例もある訳ですね。基本的には、他社での借金など全て精算しておくのが望ましいでしょう。"


新生銀行の住宅ローン

最近の住宅ローン金利はどこも低く設定されており、金融機関もこれ以上の引き下げが厳しくなってきています。そこで、各金融機関では、金利以外での差別化が強化されています。その中でも団信と呼ばれる保険の付いた住宅ローンが人気になっているようです。

入院保障特約やがん特約などがついている場合もあり、返済期間中に死亡や高度障害状態になった場合には、その時点で残っている住宅ローンの残高が保険金によって完済されます。住宅ローンを利用する場合には、こちらの団信への加入を借入の条件としている会社が多く存在します。

中でも新生銀行の住宅ローンでは、死亡や高度障害だけではなく、歩行、衣服の着脱、入浴、食事、排泄の5項目中3項目以上が介助状況になった場合にも保障対象になります。さらに、団信の保険料など6つの料金が0円であり、新規でも借り換えでも初期費用があまりかからずに契約が出来ます。

詳しい事は、携帯電話からでも利用できる新生パワーコールで問い合わせることができ、こちらは365日年中無休で通話料無料になっていますので、気になった方は相談してみると良いでしょう。


念願のマイホーム

私は現在28歳の会社員です。妻と子供と、親子三人でマイホームで楽しく暮らす生活を、最近始めました。小さいころから借家住まいだったので、ずっとマイホームというものに憧れていたのです。だからちょっと頑張ってしまいました。本当はもっとたくさん貯金をして、色々な物件を見て決めたほうがこだわりのある家を作れるのでしょうが、とにかく今マイホームが持ちたいのだという気持ちが全てでした。土地選びは本当に、買いたい土地を探して値段を見るというよりは、値段で探して場所はこだわらないようにするという感じでしたね。それほど頭金も貯まっていなかったので、これ以上は出せないというラインを決めての土地探しでした。

でも具体的な金額を決めておいたお陰で、あまり悩むことがなくてよかったです。どんなにいい場所でも、金額があわなければ買えないとすぐに諦めがつきましたし。結局交通の便はそれほど良いというわけではないものの、周囲の環境がとてもいい、新しく出来た住宅地を見つけることが出来ました。

住宅メーカーは、休日のたびに色々な展示場を見て回って、そこで色々相談をして決めました。金額面のことだったりローンのことだったり。家のデザインは、後からリノベーションしてもいいと考えて、元々あるありきたりな間取り通りのものを作ってもらうことにしました。幾つかあった候補の中で、より耐震を意識した頑丈な家を作ってくれるメーカーに決めて、家を建てると決めた後はもうとんとん拍子に事が進んでいきました。具体的な形が既に決まっているので、後は壁紙を選んだり屋根の色を決めたり、細かな部分を妻と一緒に選んでいきました。あまり家を作る感じじゃないな、とその時までは思っていましたが、ようやくそこでマイホームを作っているのだという実感がわいてきました。

ローンは35年で組んでもらって、後は金利にあわせてそのつど見直してみることにしました。先の長い話ですが、今の収入ではそれが限界でしたし、これから頑張って返済を進めていこうと思っています。大体の形が決まったら、ようやく建設が始まるのですが、完成までは直ぐでした。三ヶ月ちょっとかかったくらいですかね。二回ぐらい様子を見に行っただけで、次に見たときはもう家が建っているという状況でした。始めてマイホームを見たときは、どうしようもなく感動したものです。 家というものは大きい買い物で、でも思ったよりも簡単に建つものでした。いろいろなことで悩みましたが、今はマイホームに住むことができてとても満足しています。




↑ PAGE TOP